【海外移住】「南国の楽園」フィリピンでの生活費はいくら?

近年では海外移住を考えている人も多く見られます。

海外移住先として比較的ハードルが低いと言われているフィリピン。

フィリピンは英語や語学留学先としても注目度の高い国です。

  • 実際にフィリピンに住むにはどうすればいいの?
  • フィリピンでの生活費はどれぐらいなんだろう?

そこで、この記事ではフィリピンへの海外移住を考えている、または将来的にはフィリピンへの移住を検討している人たちにフィリピンの生活費についてご紹介します。

この記事を読めば、どのような生活費が実際にかかるか具体的に知ることができますよ。

フィリピンっどんな国?

フィリピンは東南アジアの東側、太平洋に浮かぶ島国で、7,109もの島々からなります。

約30万k㎡の広さで、日本の面積(38万k㎡)から北海道を除いたくらいの広さです。

日本との距離は直行便で4時間〜4時間半。

時差も日本のマイナス1時間という東南アジアの中でも日本に近い国です。

首都はマニラで、「東洋の真珠」とも呼ばれています。

近年では、日本の都心にも負けない程の最先端のビル群に囲まれた「マカティ」や、フィリピン最大の日本人経営総合リゾート「オカダマニラ」が有名です。

公用語として英語を話す人口は世界3位で、国語はフィリピン語、公用語がフィリピン語と英語となっています。

フィリピンはホスピタリティにあふれ、特に弱者やお年寄りに対して優しい社会です。

また、アジアで一番の女性社会で、女性の社会進出がめざましい国です。

フィリピンへ海外移住するメリット

フィリピンへ移住するメリットは主に5つです。

フィリピンへ移住するメリット

  • 物価が安い
  • 公用語が英語
  • 気候が過ごしやすい
  • 食文化が日本人の口に合う
  • 親しみやすいフィリピン人

①物価が安い

フィリピンの物価は安く日本と比べると1/3〜1/2ほどです。

フィリピンの通貨は「ペソ」で「PHP」と表記され、レートは1PHP≒2.05円(2020年1月1日現在)となっています。

フィリピンの物価は年々上がってきてますが、それでも日本と比べても全体的な物価は安く、贅沢な生活をしなければ、日本と同様の生活水準で十分な生活を送ることができます。

フィリピンの物価は全体的に安いですが、地域差があります。

基本的にローカルは安く、マニラやセブ島など都市や観光地は物価が高くなる傾向です。

リゾート地であれば観光客向けの値段設定になるため、物価は日本とたいして変わらない場合もありますが、リゾート地から少し離れるだけでローカル価格となり物価は格段と安くなります。

②公用語が英語

海外移住を考えた場合に苦労する点は言葉の壁でしょう。

フィリピンでは母国語は英語ではありませんが、公用語が英語であり、世界で3番目に英語を話す人が多い国です。

街中の看板やスーパーマーケットの商品に至るまで、英語が溢れかえっています。

そのため、英語が読み書きできるレベルであれば、フィリピンでの生活に支障はほとんどありません。

③気候が過ごしやすい

フィリピンは熱帯雨林気候の南国であり、日本のような四季はありません。

季節は乾季と雨季の2つで、6~11月が雨期、12~5月が乾期と一応分かれていますが、地域によってかなり差があります。

参考までに首都のマニラでは、年間の平均気温は27.9℃です。

毎年6月前半から雨がよく降るようになり、10月半ばまで雨季が続きます。

それ以外の11月~5月は乾季となります。

服装については、年間を通じて日本の夏の服装と同じです。

ただし、デパート、公共交通機関、ホテルなどでは冷房が強く効いている所があるので、羽織る服装があると良いです。

機内、夜行バス車内、ホテル、デパートなどでは冷房が強く効いていることがあるので、上に羽織るものがあるといい。日差しが強いので、サングラスや帽子もあると便利。

日本の春にあたる4月と5月は酷暑期にあたり、日差しがつよいので、サングラスや帽子があると便利でしょう。

④食文化が日本人の口に合う

フィリピンは多様な民族が集まっている国の為、多種多様なものが食べられています。

フィリピンの料理は中国、スペインやアメリカが統治していた時代もあり、外国の食文化の影響を強く受けています。

甘めの味付けが多く、あまり辛くありません。

さらに主食が日本と同じお米であるため、日本人にとって食べやすいものが多いでしょう。

他でもフィリピンでは日本食ブームとなっているので、都市部では多くの日本食レストランがあります。

近年では日本の牛丼やうどんの有名チェーンも進出しており、日本食が恋しくなった時はいつでも日本食が食べられますよ。

⑤親しみやすいフィリピン人

フィリピンの人たちはいつも明るく社交的な国民性です。

フィリピンの公用語は英語で、街中には看板やテレビ放送など、目にするものほとんどに英語が使われています。

タクシードライバーさんでも、多少の訛りや流ちょうに話せないまでも、日常的な簡単な英語でのコミュニケーションができます。

また、人に対して優しく寛容的で、他人へのホスピタリティも高く、家族をとても大切にします。

近年は目覚ましい発展を遂げているフィリピンですが、まだ貧困家庭も多く貧富の差が激しいのが現状です。

中には、フィリピンではなく外国で外貨を稼ぎ、両親や兄弟たちに給料を仕送りしているフィリピン人も多くいます。

フィリピンへ海外移住にかかる生活費

では、フィリピンで生活する場合、どれくらいの生活費がかかるのでしょうか?

物価が安い印象のあるフィリピンですが、衛生面や治安の面を考えると地元のフィリピン人と全く同じような生活をすることは難しい人が多いと考えられます。

そのため、移住しても仕事を探しやすいマニラなどの都会で生活すると、日本とそれほど変わらない生活費になることがあります。

今回は首都マニラに住む家族世帯と単身者の生活費を参考にしてご紹介します。

中でも、マカティは駐在員などの外国人がたくさん住んでおり、比較的安全と言われる地域となっています。

オフィス街でありながらも、公園やショッピングセンター、日本食やその他外国のレストランもたくさん溢れているまさに、フィリピンで一番発展している都市と言えます。

1ヶ月の生活費の例①(独身・男性・須長さんの場合)

家賃                   30,000ペソ(60,000円)

飲み代                    4,000ペソ(8,000円)

食費                   15,000ペソ(30,000円)

遊び・ショッピング 10,000ペソ(20,000円)

光熱費・水道代   2,000ペソ(4,000円dxf)

ネット                    2,000ペソ(4,000円)

英語学習費用    2,500ペソ(5,000円)

生活消費財       1,000ペソ(2,000円)

【合計】 66,500ペソ(≒133,000円) 

引用:ABROADERS

1ヶ月の生活費の例②(夫婦+就学前の子ども1人)

食費 14,000ペソ(参考:ローカルの食材を利用、外食週1回)
日用品 2,000ペソ(4,200円)
娯楽費 3,000ペソ(6,300円)
電気代 4,000ペソ(8,400円)
水道代 600ペソ(1,260円)
インターネット、携帯通信費 4,000ペソ(8,400円)
交通費(配車サービス:Grab) 3,000ペソ(6,300円)
メイド 6,000ペソ(12,600円)
家賃 65,000ペソ(136,500円)

【合計】101,600ペソ(≒210,000円)

引用元:留学・語学留学の総合サイト School With

1ヶ月の生活費の例③(夫婦+プレスクールの子ども1人)

食費  20,000ペソ(42,000円)(参考:日本製や輸入食材中心、外食週1回) 
日用品 5,000ペソ(10,500円)
娯楽費 5,000ペソ(10,500円)
電気代 6,000ペソ(12,600円)
水道代 1,200ペソ(2,520円)
インターネット、携帯通信費 4,000ペソ(8,400円)
ドライバー 18,000ペソ(37,800円)
ガソリン代 4,000ペソ(8,400円)
メイド(通いフルタイム) 15,000ペソ(31,500円)
家賃 150,000ペソ(315,000円)
学費 30,000ペソ(63,000円)

1ヶ月の生活費の例③(夫婦+プレスクールの子ども1人)

引用:留学・語学留学の総合サイト School With

ご覧の通り、生活する人数にもよりますが、どのような生活スタイルにするかでかかってくる費用に大きな違いが出てきます。

特に、家賃と食費は生活する人の暮らし向きで大きく異なってきます。

①家賃

家賃は住む地域や部屋のタイプでも異なり、特にマカティは家賃は高いと言われています。

外国人が借りて住むとなると、コンドミニアムを借りるのが一般的になります。

コンドミニアムとは日本でいうタワーマンションになります。

スタジオタイプ(1Kくらいの大きさ)   

40,000~70,000円

ワンベッドルームタイプ(1DK~1LDKくらいの大きさ) 

60,000~100,000円

ツーベッドルーム(2DK~2KDKくらいの大きさ)

100,000円~200,0000円

フィリピンでは家具付きの部屋がほとんどになります。

  • 冷蔵庫
  • キッチン用品(IHまたはガスコンロ、炊飯器、電子レンジ、ポット等)
  • 洗濯機
  • 冷房、扇風機
  • アイロン、アイロン台

コンドミニアムではプール・ジム付き、24時間体制のセキュリティなどががしっかり完備されています。

首都から離れて郊外に行くのであれば、安い家賃で広い部屋や一軒家を借りることも出来ます。

コンドミニアムの場合、1年間分の家賃を先払いする方法とっている所が多いですので、部屋を借りる場合はある程度まとまったお金を用意する必要があります。

中心部でハイグレードな物件にすめると考えれば、日本に比べたらまだまだ安いといえるかもしれませんね!

②食費

家族の人数、自炊または外食にするかによって大きく違ってきます。

地元の食材を使って料理をする場合、スーパーマーケットや市場で買って自炊をすれば、その分食費を抑えることができます。

一方、日本の食材を使う場合、輸送費などのコストが高いため、食費は高くなってくる傾向があります。

  • 自炊をする場合、月7500ペソ~10,000ペソ(約15,000円~20,000円)
  • ローカルのお店で食事をする場合、1回の食事で100ペソ~200ペソ(約200円~400円)
  • 屋台で食べる場合、20ペソ(約40円)
  • 日本食レストランで食事をする場合、300ペソ~700ペソ(約600円~1,400円)
地元の人たちは、ローカルレストランや屋台で食事をしますので、食費は随分と安いですが、日本人が移住した場合、時々日本食が恋しくなりそうですね。

③水道代

水道代は非常に安く、家賃に含まれていることも多いです。

月に400ペソ(約800円)ほどで、家族の人数によりシャワーや洗濯の回数によって多少変わってきますが、大体はこの金額に収まります。

ちなみに、フィリピンでは水道水が飲めないので、別に飲料水を購入しなければなりませんが、それでも月500ペソ(約1,000円)あれば生活できます。

④ガス代

フィリピンの家庭では、主にプロパンガスを使用しています。

単身者であれば、月250ペソ(約500円)程度になります。

都市部のコンドミニアムでは、プロパンガスの使用が禁止されていることも多いので、その場合はIHコンロを使用することになります。

⑤電気代

電気代はとういうと東南アジアの中でも高いと言われています。

1日中エアコンを使用したりすると、月5,000ペソ(10,000円)超えることも。

マニラ首都圏の電力会社はMERALCO(メラルコ)のみで、物件で契約している電気会社によって料金が変わってくることなどはありません。

⑥交通費

フィリピンでは様々な交通手段があり、どれも非常に安く利用することができます。

  • タクシー、初乗り40ペソ~70ペソ(約80円~140円)
  • バス、10ペソ(約20円)
  • 電車、15ペソ~30ペソ(約30円~60円)

マニラ市内にはMRT、LRT、PNRと呼ばれる電車が3路線走っており、マニラ市民の移動の足となっていますが、未だに路線が通っていない地域もあります。

日本人が安心して利用できるのはタクシーになります。

便利なタクシーですが、まだまだぼったくりの被害が起こりやすいので、GRABタクシーや、Easy Taxi(UBERのような配車サービス)を利用した方が安心でしょう。

メモ

他にもジプニーと呼ばれる乗り合いバスがあります。料金はたいへん安いですが、スリなどのトラブルが多いため、生活に慣れるまでは安全な交通手段とはいえません。

⑦通信費

フィリピンは急激にインターネットが整備されておりますが、まだまだ発展途上です。

通信費は月1,500ペソ~2,000ペソ(約3,000円~4,000円)になります。

フィリピンの住居でのインターネット環境は、都市部でも安定していない時があり、スコール等の天候によって左右されることもあります。

フィリピンでは公共のWi-fiが充実しており、出先では無料でインターネットが使い放題ですので、こちらは便利そうですね。

ビザについて

日本人がフィリピンへ入国する際、観光であれば30日間の滞在まではビザは必要ありません。

31日以上滞在する場合は、観光ビザ延長の申請が必要で、そこから期限毎に移民局での延長が必要となってきます。

フィリピン移住のためには、長期滞在できるビザが必要になってきます。

フィリピンに行くためのビザは全14種類と、かなり種類が多いです。

今回は、たくさんあるビザの中でフィリピン移住のために必要なおすすめビザを厳選してご紹介します。

ASRV(アペコ特別永住権)

APECO(オーロラ特別経済区)が取り組む振興開発事業プロジェクトの一環として取得できる特別永住権です。

若い年齢での取得と就労・就学が可能かつ他国が提供しない永住ビザにも関わらず取得と維持の要件が緩いのが特徴です。

  • 年齢制限なし
  • 就労・就業が可能
  • 必要書類はパスポートのみ
  • 無犯罪証明書の取得が不要
  • 取得にはフィリピンのマニラ市内に5日間の滞在が必要
  • 更新は5年に1度

特別居住退職者ビザ(SRRV)

基本的にはリタイアメント用の特別永住権ビザですが、35歳から取得できるので日本人だけでなく多くの外国人にも人気の高いビザです。

  • 年齢制限35歳以上
  • 現地での就労も可能
  • 取得に必要な金額:供託預金として10,000〜50,000USドル
  • 取得には基本的に連続約1ヶ月のフィリピン滞在が必要
  • 住居の必要性:不動産を購入もしくは賃貸し、住所の確保が必必要
  • 更新は1年に1度

条件として、フィリピン国内の指定銀行に半年以上の定期預金をすることが求められます。

SRRVには「SRRVクラッシック」「SRRVスマイル」「SRRVヒューマン・タッチ」という3種類があり、年齢によって必要な預金金額は変わってきますが、ビザの解除時に全額戻ってくる仕組みになっています。

供託預金額の違いは以下の通りとなります。

●SRRVクラッシック
35歳〜49歳:50,000USドル(日本円で約540万円)
50歳以上・非年金受給者:20,000USドル(日本円で約220万円)
50歳以上・年金受給者:10,000USドル(日本円で約110万円)

※ビザ取得から30日経過後、供託預金を投資用に転換可能。

●SRRVスマイル
35歳以上:20,000USドル(日本円で約220万円)
※投資への運用は不可。ビザを取り消した後に引き出すことは可能。

●SRRVヒューマン・タッチ
35歳以上:10,000USドル(日本円で約110万円)
※介護や療養を必要とする人が対象。
※月額1,500USドル以上の年金を受給している必要あり。
※投資への運用は不可。ビザを取り消した後に引き出すことは可能。

さらに、配偶者もしくは21歳未満の子ども2人までなら追加預金をすることなく同伴させることが可能で、フィリピンでの通学も許可されます。

特別割当移住査証(クォータビザ)

フィリピンに制限無しで滞在できて、移住しながら仕事もでき、フィリピンのビザの中でも最強のビザであると言われています。

日本・アメリカ・ドイツのパスポートを持つ者に取得の権利があり、各国1年につき50人のみの取得枠が割り当てられています。

提出しなければならない書類の数も多く、年々審査の基準が厳しくなってきているようです。

  • 年齢制限20歳以上
  • 就労・就業が可能
  • 50.000米ドルの預託金が必要
  • 取得には連続30日以上滞在
  • 住居の確保が必要
  • パスポート・戸籍謄本・無犯罪証明書が必要
  • 更新は1年に1度 ※アニュアルレポートの提出が毎年必要

海外移住のリアルな声

実際にフィリピンに移住した方の情報をご紹介します。

マニラのコールセンターで働いているアキラさんの動画です。

フィリピンへ移住するためのビザ、治安、住む場所、銀行口座、食事について具体的な情報を提供してくれています。

実際に住んでいる人だからこそわかるリアルな声ですので参考にしてみてください。

フィリピン海外移住のまとめ

以上、フィリピンへ海外移住した場合の生活費についてご紹介しました。

フィリピンは日本から近く、物価が安く工夫をすれば生活費も抑えられ、ビザも比較的取りやすいのが魅力です。

しかし、日本以外の国に住む場合、金銭的な問題だけでなく、その国の文化や習慣、国民性などを理解する必要があります。

医療や食文化、治安なども日本と大きく異なることがあり、それをどう感じるかは1人1人違ってきます。

海外移住を考えている方は、その国の一面だけを見るだけでなく、色々な角度から見てみてください。

海外移住があなたの生活をより良いものになることを祈っています。

-英会話

Copyright© sakura-mix , 2021 All Rights Reserved.