看護助手は、独学で取得できる!?独学のメリット・デメリットも合わせて紹介します!

高齢化社会が進む日本。医療に関係する職業や資格に対して、年々注目が集まっています。

その一つとして、挙げられるのが「看護助手」です。

「看護助手」とは、看護師の助手として業務を行い、主に患者さんの介護やベッドシーツの交換などの仕事を行います。

職場が医療の現場となるため、基本的な医療知識や介護技術が身に着けることができるため「看護助手」の資格を取りたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

「看護助手の資格は独学でも取得できるの?通信講座とか受けた方がいい?」

そんな疑問の声もあると思います。

そこで今回は「看護助手」の資格を独学で取得する際のメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

看護助手の資格を独学で勉強するメリット・デメリットは?

メリット

☆お金が掛からない

通信講座を受ける場合は、一定のお金が必要です。しかし独学で勉強する場合は、主にテキストしか購入する必要がないので、通信講座に比べればお金が掛かりません。

☆自分のペースで勉強を進めることが出来る

独学での勉強は、自分でテキストを用意することになります。そのため自分が勉強しやすいテキストを選択することができます。また自身でスケジュールを考え、自分のペースで勉強を進めていくことが出来ます。

デメリット

☆勉強効率が悪くなる

メリットでも、紹介しましたが独学での勉強は、テキストを自分で用意する必要があります。自分に合ったテキストを選択できますが、それを探すまでに時間を要してしまうことがあります。また通信講座は、試験合格に向けてのテキストやスケジュールを組み立ててあるため効率よく勉強できますが、独学だと試験合格に向けてピンポイントで勉強できないため勉強効率が悪くなってしまいます。

独学で勉強するメリット・デメリットについてご紹介しました。短時間で効率よく勉強したい方は、独学での勉強は向いていないかもしれません。

独学での勉強は、メリット・デメリットがあるので通信講座を利用して勉強するのか、独学で勉強するのか自分の勉強スタイルやライフスタイルに合わせて選択しましょう。

通信講座を利用するならおすすめはココ!

集中して勉強をする人のイラスト(女性)

独学での勉強のメリット・デメリットを見て「独学で勉強するのは自分に向かない、通信講座を受けたい」と感じた方も多いのではないでしょうか。

「看護助手」の資格を取得するために、通信講座を利用したいと思っている方におすすめなのは「生涯学習 ユーキャン 看護助手講座」です。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

おすすめポイント

➀テキスト3冊で勉強完了

資格取得のための勉強って、膨大な量のテキストを解かないといけないと思いませんか?「ユーキャン 看護助手講座」ならわずか3冊のテキストで、看護助手として働く上で知っておきたい内容を効率良く勉強することができます。

②受験が不要

看護助手の資格を取得するためには、全国医療福祉教育協会が主催している「看護助手実務能力認定試験」を受ける必要があります。しかし「ユーキャン 看護助手通信講座」を受講した場合、終了課題を基準点に達成し、申請することで受験しなくても「看護助手実務認定資格証」が付与されます。

③サポート体制が充実

スマホから専任スタッフに相談することできるので、勉強中に疑問が生じても一つ一つ解決しながら勉強を進めていくことが出来ます。またテキスト以外にも、スマホでできる”WEBテスト”が用意されています。クイズ感覚で楽しく勉強することが出来るのでテキストだけの勉強だと飽きてしまうという方はもちろん、自宅以外の場所でも隙間時間に勉強することができるので勉強時間をなかなか確保できない方にもおすすめです。

これを見て「ユーキャン 看護助手講座」が気になったという方は、資料請求が無料でできるのでまずは申し込んでみてはいかがでしょうか。

⇒【生涯学習ユーキャン】公式サイトはこちら

まとめ

今回は看護助手の資格を独学で勉強する上でのメリット・デメリットをご紹介しました。

メリット・デメリットそれぞれを踏まえ、自分の勉強スタイルに合った方法を選ぶと良いと思います。

【ユーキャン 看護助手講座】は、効率よく勉強でき、サポート体制も充実しているため通信講座を利用したいと思っている方におすすめです。

資料請求も無料で出来るので、気になる方は公式サイトを覗いてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

⇒【生涯学習ユーキャン】公式サイトはこちら

-学び・資格